日本笑い学会マーク

イベント情報

TOP > オープン講座情報

→メールマガジンでも笑いに関する活動情報がご覧いただけます

オープン講座

日本笑い学会が大阪市内で毎月開催している「オープン講座」。 この講座では「笑い・ユーモア」に 関するさまざまなお話をお聞きいただけます。 講師は哲学、心理学、文芸学、人類学、医学など各専門分野の先生方や各分野で活躍されている方など多岐にわたります。
第2日曜の昼さがり、皆様のご出席をお待ちしています。

第271回 
笑いは超高齢社会を救う!かも?〜認知症の進行を遅らせる“笑い”の可能性について〜
中島 央雄氏(日本SYN・日本中央製薬株式会社 代表取締役)

日時:

2019年10月13日(日)14時〜15時30分

テーマ:

笑いは超高齢社会を救う!かも?
〜認知症の進行を遅らせる“笑い”の可能性について〜

講師:

中島 央雄氏(日本SYN・日本中央製薬株式会社 代表取締役)

概要:

笑いを活用することで「認知症の進行速度を遅くする」ことができる可能性についてお話したいと思います。将来的に、認知症患者の脳に最大限の刺激を与えられるような笑いを見つけ出して提供すべきだと考えます。理学療法的な治療が見つかり、ご自宅でも簡単にできるリハビリになるのではないかといったアイデアをお伝えします。

会場:

関西大学梅田キャンパス 701教室

〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1番5号
(阪急「梅田駅」茶屋町口徒歩5分、JR「大阪駅」徒歩10分)

会費:

当日受付で 会員は無料

一般 500円 一般の学生 300円

(予約不要)

共催:

関西大学人間健康学部

お問合せ:

お問い合わせは日本笑い学会事務局まで
Tel & Fax 06-6360-0503 
または「お問い合わせフォーム」からどうぞ

第272回 
スポーツ場面での笑い
辰本 頼弘氏(追手門学院大学社会学部・教授/笑学研究所)

日時:

2019年11月10日(日)14時〜15時30分

テーマ:

スポーツ場面での笑い

講師:

辰本 頼弘氏(追手門学院大学社会学部・教授/笑学研究所)

概要:

スポーツ場面において、プレーの成功や失敗、また勝敗を決した時には選手たちから「喜怒哀楽」の表情が見られる。また同じプレーを見ていた観客も同様の表情を見せることが多くある。だからこそ、スポーツは選手と観客の表情の一体感により感動場面を生み出すのかも知れない。

表情の中でも、笑いの表出は、自信や頼もしさを感じることがあり、笑いをスポーツ場面にどのように取り入れるかはスポーツの新しい分野でないかと考えている。
本講座では、若干の知見と大胆な仮説を紹介したい。

会場:

関西大学梅田キャンパス 701教室

〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1番5号
(阪急「梅田駅」茶屋町口徒歩5分、JR「大阪駅」徒歩10分)

会費:

当日受付で 会員は無料

一般 500円 一般の学生 300円

(予約不要)

共催:

関西大学人間健康学部

 

→これまでのオープン講座の記録はこちら