日本笑い学会マーク

学会の研究活動

TOP > 学会の研究活動 > 大会の記録 > 第17回総会・研究発表会

総会・研究発表会の記録(第17回総会)

2010年7月10日〜11日/関西大学

講記念演

桂文珍
「落語的学問のすすめ」

(1)

研究発表

遠藤謙一郎
「4年間の『笑いの健康教室』の開催で得られたもの(第2報)―志免町健康課と「NPO法人博多笑い塾」の4年間の活動から―」

(2)

ワーク
ショップ

近藤友二
「スマイリズム活性法と能動の笑顔」

(3)

研究発表

池田資尚ほか
「笑い測定機」最新報告」

(4)

ワーク
ショップ

小ノ上マン太郎ほか
「脳性マヒ患者が社会復帰の一助としての笑いの活用事例」

(5)

研究発表

長島平洋
「微笑仏はどうして笑っているのか」

(6)

ワーク
ショップ

長谷川真弓
「長谷川家―the ワライのワイナリー」

(7)

研究発表

松阪崇久
「動物は本当に笑っているのか?」

(8)

ワーク
ショップ

神原泰三
「心を豊かにする7つの笑い」

(9)

研究発表

伊藤一輔
「循環器疾患における代替療法としての笑い療法」

(10)

ワーク
ショップ

村松 武
「笑いと海」

(11)

研究発表

浦 和男
「笑う日本人〜明治期の<笑い>を笑う」

(12)

ワーク
ショップ

米谷裕夫
「アカデミック漫談〜笑いは人間関係のサスペンション〜」

(13)

研究発表

米田恵子
「子どものつぶやき・その5―ドイツのKINDERMUNDとの比較―」

(14)

ワーク
ショップ

浅野弘子 NEW
「秋田弁シャンソン」

(15)

研究発表

八田勘司
「淡路島の地域特性と「花の淡路島支部」活動の現状と課題ー過去10回のワークショップの分析から-」

(16)

研究発表

久間英樹ほか
「笑顔度検出センサを用いた「笑い」の定量的評価方法」

(17)

研究発表

小森英明
「仏典の中の'笑い'(4)―『碧巌録』を中心に[A]―」

(18)

研究発表

福井直秀
「「考物(かんがえもの)」を考える」

(19)

研究発表

大石清貴
「ユーモア小説における一考察」

(21)

研究発表

中島英雄
「人間は何故笑うのか」

(22)

研究発表

野村亮太
「"間"と"場"の理論・再考」

(23)

研究発表

瀬沼文彰
「笑いの感情社会学―私たちは笑うのか、笑わなければならないのか」

(24)

研究発表

大塚康子
「笑いは心のホメオスタシス−ひとのふり見て我がふり笑え−」

研究発表
ポスター部門

梶浦恭子
「絵本づくりが育むもの」

シンポジウム

テーマ: 「性と笑い」

コーディネーター:森下 伸也(関西大学教授)

パネリスト(五十音順)
宇佐美久枝(椙山女学園大学准教授)
浦和男(文教大学兼任講師)
織田正吉(日本笑い学会名誉会員・演芸作家)