日本笑い学会マーク

学会の研究活動

TOP > 学会の研究活動 > 大会の記録 > 第15回総会・研究発表会

総会・研究発表会の記録(第15回総会)

2008年7月12日〜13日/京都外国語大学

 
写真左から ジェフ=バークランド氏、ワークショップの模様
 
写真左から シンポジウム「新しい時代の笑いにどう向き合うか」 、大棟耕介氏「ホスピタルクラウン 」

記念講演 「あなたもおもろい! わたしもおもろい!
異文化コミュニケーションのすすめ」
ジェフ=バークランド
(京都外国語大学教授)
研究発表(1) 「笑いは、アトピー性皮膚炎でのED(勃起不全)を改善する」 木俣  肇
研究発表(3) 「京都で笑わせる
-観光案内の中の笑い(日本語・英語・スペイン語)-」
志緒野 マリ
研究発表(5) 「明治後期の西洋ジョークの移入
〜書籍による紹介を中心に」
浦 和男
研究発表(7) 「笑いのメカニズムについての一考察」 中島 英雄
研究発表(8) 「ユーモア」を学びたい人は誰か」 高田 佳子
研究発表(9) 「山口誓子俳句における笑い」 米田 恵子
研究発表(13) 「アカデミック漫談〜お笑い悩み解消法〜」    米谷 裕夫
研究発表(15) 「仏典の中の‘笑い’(2)―『臨済録』を中心に―」 小森 英明
研究発表(17) 「出口王仁三郎と「おなら」のモチーフ」  上本 雄一郎
研究発表(19 「くすぐりっこで生じる笑いは人間関係のバロメータ」 原坂 一郎
研究発表(20) 「ホビーロボットにおける「振る」動作の周期と笑いの関係について」 久間 英樹
研究発表(21) 「笑いの頻度と認知機能との関連についての疫学研究」 大平 哲也
研究発表(22) 「横隔膜式笑い測定機と笑いの科学の可能性(1)
― 笑い測定機の冒険 ―」
木村 洋二・池田 資尚
研究発表(23) 「笑わざるを得ない若い世代のコミュニケーション」 瀬沼 文彰
研究発表(24) 「横隔膜式笑い測定機と笑いの科学の可能性(2)
― 笑いの科学から身体的「肚」認識論へ向けて ―」
野澤 孝司
ワークショップ(2) 「笑って健康!『アソビリテーションのすすめ』」 小野 義行
ワークショップ (4) 「笑いのメカタ〜瞬間芸の乱用がもたらすもの」 影山 貴彦
ワークショップ(6) 「笑わせ力研究 
笑いのある話術の定型化に関する考察」
山本 公平・ 堀 登志子・
矢野 宗宏
ワークショップ(10) 「ラフターヨガ(笑いヨガ)について」 江見 明夫
ワークショップ(11) 「形から入る笑いの療法と気の関連についての報告」 西本 真司
ワークショップ(12) 「ラフターヨガ(笑いヨガ)の実際と今後の可能性」 福島 裕人
ワークショップ(14) 「ちんどんセラピー」 八田 勘司
ワークショップ(16) 「笑いによるむらおこし・パート3」 田邊 哲
ワークショップ(18) 「福笑い体操―全身で大笑いして、喜びと繁栄を招きましょう!―」 神原 泰三
シンポジウム

テーマ:新しい時代の笑いにどう向き合うか

コーディネーター:
福井 直秀
(京都外国語大学教授、日本笑い学会理事)
パネリスト:
竹内 洋(関西大学教授、京都大学名誉教授)
中井 宏次(日本笑い学会会員、健康笑い塾長)
百瀬 丘(笑い工房ちえの出し所所長、日本笑い学会東北支部長)