日本笑い学会マーク

学会の研究活動

TOP > 学会の研究活動 > 大会の記録 > 第21回記念大会

2014年度学会創立20周年記念大会の記録

2014年8月2日〜3日/関西大学 堺キャンパス

 

記念講演

「『語る落語』と<一人語り劇場>とは何か」

木津川 計 氏(立命館大学名誉教授・『上方芸能』発行人)

(1)

研究発表

「笑いを測る/笑いを生み出す―笑い測定機の挑戦」

池田資尚・板村英典・池信敬子

(2)

研究発表

「現代に生きる狂歌〜面白短歌にみる日本人のユーモア感覚」

野中由彦

(3)

研究発表

「慣用句における脱構築の笑い ―からだ言葉に着目してー」

山口政信

(4)

研究発表

「笑うと脳の血流は増加する?」

田中高政

(5)

研究発表

「仏典の中の‘笑い’(8)―『大智度論』を中心に[III]―」

小森英明

(6)

研究発表

「笑いと健康の語られ方〜『笑い学研究』掲載記事の内容の分析を通して見えるもの〜」

岡村志以

(7)

研究発表

「笑ってまちおこしー笑いの力が地域活性に寄与する可能性の考察」

堀登志子

(8)

研究発表

「笑いと脳機能」

小野義行

(9)

研究発表

「高知県東部に伝わる『佐喜浜俄』の笑い」

間六口

(10)

研究発表

「笑いと海〜心からの笑いの可視化に向けて〜」

村松武

(11)

ワーク
ショップ

「タオルと輪ゴムの創作アート―『たおるマジック(R)』で自然笑力を高めよう―」

占部千代子

(12)

研究発表

「なぜ笑いは錯覚され続けるのか−乳児との相互作用場面から―」

伊藤理絵

(13)

ワーク
ショップ

「即興劇(インプロ)と笑い―ワークショップ・ライブ活動を中心に―」

矢島伸男・野村真之介

(14)

研究発表

「笑いアクション(動作)のストレス軽減効果に関する研究」

橋元慶男

(15)

ワーク
ショップ

「笑って健康と幸せを呼びましょう」

万代京央子

(16)

研究発表

「プリントメディアにおけるズレの研究1―ダブルイメージ広告に見られるズレ―」

西田麻希子

(17)

ワーク
ショップ

「看護学生のユーモアマインドを育む―自己を客観視しておもしろおかしく看護を学ぼう―」

霜田敏子伊藤真弓

(18)

研究発表

「コント番組における女性像の変遷―妻・母の表象を事例に―」

石田万実

(19)

ワーク
ショップ

「アカデミック漫談〜人生60歳からがおもしろい〜」

米谷裕夫

(20)

研究発表

「笑いのコミュニケーション能力を考える」

瀬沼文彰

(21)

ワーク
ショップ

「笑育と脳活のための実践講座のすすめ」

遠藤謙一郎

研究発表
(ポスター部門)

「大学生300人に聞きました。困ったとき、タレントの誰が助けてくれたら笑顔になれるか?」

三橋真人

シンポジウム

日本笑い学会20周年記念「新・笑いと健康」シリーズ講演会第14回
「新・笑いと健康 〜笑いと健康の20年間の成果とQ&A〜」

コーディネーター:

池田由紀(名古屋市立大学)
基調報告(1):
昇幹夫(医師・日本笑い学会副会長/シンポジスト兼)
基調報告(2):
大平 哲也(医師・福島県立医科大学/シンポジスト兼)

シンポジスト:

伊藤 一輔(医師・日本笑い学会北海道支部長)
高田佳子(イベントプロデューサー)
中井宏次(NPO法人 健康笑い塾)
西田元彦(医師・西田メディカルクリニック院長)
指定発言者:淵田 科(医師・日本笑い学会三重支部長)
松本治朗(医師・松本医院医院長)

奥村潤子(日本赤十字豊田看護大学教授)

なんでも相談室長:高杉和徳(日本笑い学会理事)