日本笑い学会マーク

学会の研究活動

2017年度学会24回大会の記録

2017年7月15日〜16日/石巻専修大学

 

記念講演

「被災地 石巻に笑顔を取り戻すために

亀山 紘氏(石巻市長/日本笑い学会石巻支部長)

(1)

研究発表

石田万実
お笑い番組の語られ方―新聞・雑誌記事からの一考察―

(2)

ワーク
ショップ

占部千代子
『たおるマジック』でみんな笑顔に!!

(3)

研究発表

BORTER Matthieu(ボルテール・マテュー)
明治・大正期のギャグマンガにおける文明開化 ―北澤楽天の「新版膝栗毛」を中心に―

(4)

ワーク
ショップ

小笠原大輔
"にほんglish"と替え歌手遊び

(5)

研究発表

野中由彦
女流江戸狂歌の魅力〜知恵内子と節松嫁嫁〜

(6)

ワーク
ショップ

阿部眞宜・阿部洋子
歌って 手遊び ご健笑…笑ったら私の心と体はどうなった?…

(7)

研究発表

落合真裕
イギリス演劇の笑いの仕掛けとユーモアのセンス―ラティガン劇を中心に―

(8)

ワーク
ショップ

万代京央子
『笑いの呼吸法』で声量感UP!!〜出やすくなった自身の声を体感下さいませ〜

(9)

研究発表

戸板律子
プレヴェールのシャンソンと笑い

(10)

ワーク
ショップ

鈴木正平
―創作の踊り―笑って健康・笑顔で長生き『岸壁の母』を踊って15年

(11)

研究発表

遠藤謙一郎
小学校の『落語クラブ』活動でみえた子どもの華麗な変身

(12)

研究発表

-

(13)

研究発表

青砥弘幸
子どもの『ユーモア能力』育成のための方法・教材の検討

(14)

研究発表

矢島伸男
心理的安全性と笑い―観客(受け手・聞き手)が笑いに及ぼす影響―

(15)

研究発表

池田正人
生後4ヶ月までの乳児の自発的微笑と社会的微笑の関係に関する一考察

(16)

研究発表

小森英明
仏典の中の’笑い’(11)―『十住毘婆沙論』を中心に[上]―

(17)

研究発表

伊藤理絵
幼児期における笑いの不愉快さの理解と感情理解および心の理論に関する縦断的調査

(18)

研究発表

堀登志子
高齢者対象講座における 笑いのアクティブラーニング効果

(19)

研究発表

高垣伸博
『若者の笑いに関する調査報告』〜漫才で揉めない?追手門学院大学〜

(20)

研究発表

鵜子修司
滑稽に見えること/滑稽であること

(21)

パフォー
マンス

松本正美
笑って健康カードーあなたが大笑(大将)―

(22)

研究発表

中村富美
PTSD状態を起こさなくなった笑いの力―交通事故の記憶より―

(23)

ワーク
ショップ

野村真之介
即興劇(インプロ)と笑いやすい環境作りについて

(24)

研究発表

瀬沼文彰
笑いとユーモアの問題点は何か?

(25)

ワーク
ショップ

間六口
『バナナのたたき売り』の会場は笑顔の宝庫

シンポジウム

『被災地に笑顔を・その取り組み』

コーディネーター:

亀山紘(石巻市長)

パネリスト:

長谷川啓三(東北大学名誉教授)、
大平哲也(福島県立医科大学)、
千葉俊一(歯科院長)、
中村礼子(コープフードバンク事務局長)